くびれを作るストレッチ方法はコレ!

くびれを作りたいけれど、筋トレなどのハードな運動はしたくないという方には、ストレッチをおすすめします。ストレッチなら、1日数分で済みますし、コツコツ行うことが好きだという方にはくびれを作る方法としてはとてもおすすめ出来る方法です。

 

では、そんなストレッチでくびれを作る方法ってどんな方法になるのでしょうか?ストレッチと言っても、ちゃんとくびれが出来るようなストレッチをしないと意味がありませんよね。ここでは、くびれを作る方法として、寝ながらでも出来るストレッチ方法をご紹介いたします。

 

寝ながら出来るストレッチはこちら!

毎日継続するためには、出来るだけ日々の生活パターンを崩さずにいかにストレッチを取り入れるかということが大切になります。では、そのようなストレッチはどうやって取り入れるのが良いのかというと、就寝前の寝る前にストレッチを行うことがおすすめです。

 

しかも、寝ながらだから起きなくても良いので簡単ですよね。では、早速寝ながら行うことが出来るストレッチ方法をご紹介いたします。

キック&パンチ!

寝ながら今日のストレスを発散させるためにもキックとパンチでくびれを作りましょう。まずは、仰向けになり膝を立たせます。そして、片方のかかとを天井に向かってキックします。その時、対象になる手はグーでパンチをします。パンチの姿勢では、肩を少し上げ気味にして行いましょう。

足だけ動かすストレッチ

こちらのストレッチも同じく仰向けになります。そして、片方の足を90度に曲げて反対側へと倒しましょう。この時に肩は浮かないように気を付けます。手も動かないように気を付けましょう。反対側も同じように行います。

うつ伏せストレッチ

こちらは仰向けではなくうつ伏せから始めるストレッチ方法です。まずはうつ伏せになり、腕の力だけで上半身を持ち上げます。体の筋肉が伸びているなと感じる所で持ち上げをストップさせ、そのままの状態で右左と体をひねります。大体、両方とも5秒くらいはキープしながら行いましょう。

 

以上が寝ながら行うことが出来るストレッチ方法になります。寝ながらなので、毎日の習慣にしやすいですよね。是非この寝ながらストレッチを試してくびれを作ってみてくださいね。

くびれをストレッチで作る方法のまとめ

くびれをストレッチで作る方法の中でも、毎日の週間になりやすいように寝ながら行えるストレッチ方法をご紹介しました。では、どんなストレッチ方法になるのかというと、「キック&パンチ!」「足だけ動かすストレッチ」「うつ伏せストレッチ」になりました。

 

ストレッチは、毎日継続して行わないと意味がありませんので、忘れないように気を付けながら行うようにしましょう。また、いくらストレッチだからと言って、無理に何度も行う必要はありません。自分のペースで行うことが一番大切です。

 

もしも可能なら、このストレッチをする時にラルフィンガードルというガードルを着用しなら行うと更に効果はアップしますので、是非参考にしてみてくださいね。