くびれの作り方※3つの方法とは?

くびれを作りたいけれど、くびれってどうやったら作られるのか分からないですよね。何となく、テレビなどを見ていると、エクササイズが有効のような気がしますが、エクササイズ以外にもくびれの作り方ってあるのでしょうか?

 

くびれの作り方って、実はすごく沢山の方法があるのです。今回は、そのくびれを作る方法として、くびれの作り方の中からくびれに効果の高い作り方を3つご紹介いたします。くびれの作り方で何をしたら良いのか悩んでいる人は是非、参考にしてみてくださいね。

 

くびれをしっかりと作る作り方

では、早速おすすめするくびれの作り方を3つご紹介いたします。

コルセットやが−ドル

昔からの方法だと思われそうですが、実はコルセットはかなりくびれに効果があるのです。コルセットと言っても、ハイウエストのコルセットから腰周りだけというコルセットなど色々なコルセットがありますが、どのコルセットでも3日くりするかしないかで、ぽっこりお腹をまず解消することが出来はじめます。

 

「ハイウエストだと息苦しそう」だという人の場合は、腰周りだけを重点的に矯正するコルセットやガードルをおすすめします。この場合は、初めは少し強めに締め付けると効果が高いですよ。コルセットやガードルはマジックテープのものが多いので、初めは力の強い男性に大きく引っ張ってもらいながら、しっかりと骨盤の位置を調節することをおすすめします。

ウォーキング

少し体をひねりながら歩くことで、大体数週間で自分でも分かるくらいにくびれが出来てきます。また、ウォーキングをしながらくびれを作ると、くびれがしっかりと出来るだけではなく、腸が動いて便秘解消にも役立ちますので効果大です。

ストレッチ

ウォーキングをしている時間がないという人には、ストレッチでのくびれの作り方もおすすめです。ストレッチの場合は、効果が現れるまで上記の2つの方法に比べると時間がかかりますが、毎日継続してストレッチを習慣化してしまえば、1ヶ月くらいから効果が何となく分かり出します。

 

ストレッチは、夜寝る前やお風呂上がりが時間がとれるので良いでしょう。一番簡単なくびれのストレッチ方法としては、体操座りをした状態から、おへその位置を中心にして、体をひねる運動です。

 

この時、上半身は出来るだけ動かさないことに注意しながら体をひねることで、より美しいくびれを作ることが出来ます。

 

以上が、くびれのおすすめする作り方です。

くびれの作り方に関するまとめ

ここでは、くびれの作り方に関する情報をご紹介しました。くびれの作り方については色々な作り方がありますが、その中でも効果が高いくびれの作り方は、「コルセットやガードル」「ウォーキング」「ストレッチ」でした。

 

もしも、コルセットやガードルで何を選んだら良いのか分からないという場合は、今ならラルフィンガードルがおすすめです。こちらなら、しっかりと骨盤矯正もしてくれますし、理想的なくびれを手に入れることが出来るはずです。