ラルフィンガードルの使い方が大事!

ラルフィンガードルの使い方

ラルフィンガードルは骨盤の歪みを治して体型を改善、履くだけで理想のスタイルになれるという骨盤矯正ガードルです。

 

履くだけでウエストがー5センチっていうんですから凄いですよね。

 

お客様満足度も98.3%とかなり高い満足度を誇っていて今話題沸騰中です!

 

さて、このラルフィンガードルですが、他の物と違って何か特別な使い方などあるのでしょうか?

 

どうせ使うのなら正しい使い方をしてしっかり効果を感じたいですよね。

 

ここではラルフィンガードルの使い方や着用にあたっての注意点などを見ていきたいと思います!

 

ラルフィンガードルの使い方

ラルフィンガードルは履くだけでくびれができ理想の体型になれるというので人気がありますが、履き方に少しコツがあるようです。

 

ラルフィンガードルの履き方を説明しますね。最初は大変に感じるかもしれませんが慣れれば簡単です。

 

  1. ラルフィンガードルのウエスト部分と裾を外向けに折り返します。
  2. 両足を通したら両手を使ってゆっくりとガードルの前後を引き上げます。
  3. ガードルの中に手を入れねじれなどを調整したら完了です。

 

上手に履くポイントは最初にガードルを折り返すことですね。

 

締め付けのあるガードルもこうすることによって履きやすくなります。

 

引っ張り上げる時はゆっくり優しく、強く引っ張ったり爪を立てたりすると生地にダメージを与える可能性があるので気を付けて下さいね!

 

また、洗濯の際は洗濯機で洗えますが、生地が傷つかないように洗濯ネットを使用するようにして下さい。

ラルフィンガードル着用での注意点

ラルフィンガードルは着用時間が長ければ長いほど効果はありますが、ずっと履きっぱなしでは血液やリンパの流れが滞ったりと、体に負担がかかってしまうこともあります。

 

特に締め付けがきついと感じる場合は、短時間から始めて徐々に体を慣らしていくことをオススメします。

 

ラルフィンガードルを脱いだ時に一気に血液が流れることで代謝がアップするという効果もあるようなので4、5時間おきくらいに一度脱いで体をリラックスさせてあげるといいですね。

 

また、普段は大丈夫な締め付けも体調の悪い日には負担に感じることがあります。

 

そういう時は無理をしてラルフィンガードルを履かないようにしましょう。

 

毎日着用した方が効果はありますが、健康を害しては元も子もないので自分の体と相談しながら着用して下さいね!

 

妊娠中は締め付けが体の負担になるので使用できません。

 

産後の開いた骨盤を締めるのには適してますので体が落ち着いてから使用するようにしましょう。

ラルフィンガードルで愛されボディーに!

ラルフィンガードルの使い方はいかがでしたでしょうか?

 

基本は「履くだけ」なので簡単ですよね!

 

効果を感じるには毎日履く、そしてできるだけ長時間履くことが大切ですが、無理をしないように自分の体調に合わせて履いて下さいね。

 

テレビや雑誌、SNSなど様々なところで注目を浴びているラルフィンガードル、大人気なので売り切れてしまう前に手に入れて下さい!

 

ラルフィンガードルで異性から愛され、同性からは羨ましがられる理想のボディーを目指しましょう!

 

>>ラルフィンガードルの最安値はコチラ