腰痛になる女性【その原因と対処法】

腰痛は男性でも女性でも起こりうることですが、その中でも女性の腰痛には女性ならではの原因が隠されている場合があります。女性ならではの腰痛の原因で腰痛がひどくなっているなら、これから赤ちゃんを産みたいと考えている方なら改善しておきたいですよね。

 

では、女性に多い腰痛の原因って一体どんなことが考えられるのでしょうか?ここでは、腰痛に関することの中でも、女性に多い腰痛の原因を3つご紹介いたします。

 

女性に多い腰痛の原因はこれ!

女性だからこそ悩みやすい腰痛に関する原因と改善方法をご紹介いたします。

骨盤の歪み

まず女性に多い腰痛の原因としては、骨盤の歪みが上げられます。女性って、男子よりも骨盤が歪みやすいことはご存じでしたでしょうか?どうして女性は骨盤が歪みやすいのかというと、毎月の生理でも骨盤が開きますし、出産をする時にはかなり骨盤が開き、上手く元の状態に戻さないと骨盤が歪んだままになったりぐらぐらになってしまったりするのです。

 

骨盤が歪むと、変な体制を取らなくてはいけなかったり、血流がその部分だけ上手く流れないので腰痛を発生しやすいのです。そんな骨盤の歪みを改善する方法には色々とありますが、簡単な方法としては、ガードルを履くことをおすすめします。今ならラルフィンガードルというガードルがおすすめです。

冷え性

下半身手先が冷え性になっている場合は、どうしても腰の部分の血流も悪くなりがちです。血流が滞ると腰が重くていたいような感じがします。

 

この冷え性が原因の場合の改善方法は、先程ご紹介したガードルを履くことでリンパの流れをよくすることが出来ますが、それに加えて寝る前に少しストレッチをしてから就寝することを習慣化することをおすすめします。

更年期障害

女性ホルモンが減少することで現れる腰痛です。大体50代〜60代の人に多いと言われています。この更年期障害で腰痛が起こることを少しでも軽くする方法は、やはりこの女性ホルモンの減少を少しでも穏やかにすることです。

 

そのためには、普段から食生活に気を付けていることが必要です。女性ホルモンに分泌に良い、大豆イソフラボンやボロンなどといった栄養素を積極的に摂取していることで、更年期障害から来る腰痛を和らげることが出来ます。

 

以上が、女性に多い腰痛の原因でした。

女性の腰痛の原因に関するまとめ

腰痛は男性でも女性でもなる人が多いですが、その中でも女性に起こりやすい腰痛の原因についてご紹介いたしました。女性に多い腰痛の原因としては、「骨盤の歪み」「冷え性」「更年期障害」の3つがあることが分かりました。

 

その中で、骨盤の歪みと冷え性については、普段からガードルをはいていることで改善することが出来ますので是非試してみてくださいね。また、更年期障害も普段の食生活の中で出来るだけホルモンの分泌を促す栄養素を取り入れることをしていると、かなり予防することが出来るということが分かりました。