腰痛を劇的に改善する方法!※2つの方法で腰痛撃退!

腰痛は放置しておくと、どんどんと慢性化してしまうのでどこから対処して改善したら良いのかも分からないくらいに痛みが増してしまいます。こうなってはもう手が付けられませんよね。このようになる前に、腰痛をしっかりと改善することが大切なのですが、それには筋トレがとても効果があるのです。

 

筋トレというと、とてもハードで筋トレジムに通わないと出来ないイメージを持っている人もいるかと思いますが、そうではありません。筋トレは自宅でも行うことが出来るのです。自宅で筋トレができて腰痛が改善できるならやってみたいですよね!

 

ここでは、腰痛に関することの中でも、筋トレで腰痛を改善する方法をご紹介いたします。

 

腰痛改善に効果のある筋トレ方法

では、早速腰痛を改善してくれる筋トレをご紹介していきましょう。

スクワット

筋トレの中でも、スクワットはかなり腰痛を改善出来る運動として有名です。スクワットというと、簡単に行おうと思えばいくらでも簡単に行うことができますが、これでは腰痛を改善させることは出来ません。腰痛をしっかりと改善するスクワット方法をご紹介します。

 

まずは、足を肩幅よりも少し広めに開き、足先は外側を向かせましょう。そして、両手は仙骨の当たりに添えるようにします。そのままの形でスクワットを行うのですが、膝は90度に直角になるように曲げましょう。

 

また、膝を曲げる時には、おしりが後ろへ出っ張らないように気を付けながら下へと降ろしていきます。おしりはまっすぐに下へと降ろすようにして、膝が直角になるようにしましょう。この方法のスクワットを10回ずつ毎日行うことで、腰痛は劇的によくなります。

シーテッド・ドローイン

こちらの筋トレ方法は、椅子に座りながら行う筋トレになりますので、立って筋トレを行うことに抵抗がある方にはおすすめです。

 

方法としては、椅子に座った状態のまま両手を上げて手の平を合わせます。そのままの状態から息を最後までしっかりと吐き続けます。お腹がとてもへこむと思いますが、このくらい行うことが大切なので大丈夫です。

 

限界まで息を吐ききったら、その状態のまま少し浅い息使いのまま20秒間キープします。これを毎日2〜3セット行いましょう。もしも、20秒キープすることが難しい場合については、初めは10秒から始めることをおすすめします。

腰痛を改善する筋トレ方法のまとめ

腰痛を改善する為には、筋トレがかなり有効だということが分かりました。では、そんな腰痛を改善する筋トレ方法にはどのような方法がおすすめなのかというと、「スクワット」と「シーテッド・ドローイン」がおすすめでした。

 

スクワットでは、おしりが出っ張らないようにしながら膝を90度に曲げることがポイントでした。また、シーテッド・ドローインについては、息をしっかりと吐くことが大切でした。筋トレで腰痛を改善すると、すぐに腰痛が悪化するということが少なくなりますので、是非行ってみてくださいね。